【2023年最新】飛行機持ち込みOK!おすすめ電動歯ブラシ10選|歯科衛生士が徹底解説。持ち運びに便利なケース付き。

ガジェット

旅行中や出張でも口腔ケアをおろそかにしたくない方に、飛行機持ち込みOKのおすすめ電動歯ブラシをご紹介します。歯科衛生士の目線で厳選した、持ち運びに便利で性能も優れた10種類の電動歯ブラシをピックアップ。旅先での歯磨きを快適にするためのポイントや、各商品の特徴を詳しく解説します。長時間のフライトや宿泊先での歯磨きに困った経験はありませんか?今回は、そんな方のために歯科衛生士が選んだ旅行に適した電動歯ブラシを紹介します。携帯性や充電のしやすさ、性能など、さまざまな要素を考慮して選んだ商品ばかりです。これからの旅行シーズンに向けて、ぜひ参考にしてください。

電動歯ブラシ選びのポイント

せっかくの電動歯ブラシ、自身に合った物を購入することで、より目的に沿った効果や使い方をすることができます。電動歯ブラシを選ぶ際には、以下のポイントに注意して選ぶことが重要です。

これらのポイントを考慮して、旅行に最適な電動歯ブラシを選んでください。自分に合った電動歯ブラシを選ぶことで、旅行先でも快適な歯磨きが可能となり、歯科衛生士も推奨するようなクリーンな口腔環境を維持することができます。各ポイントを比較検討し、最適な電動歯ブラシを見つけましょう。

種類と機能

電動歯ブラシにはオシレーション、ソニック、ウルトラソニックなどの種類があります。オシレーションタイプは、ブラシが回転運動を繰り返すことでプラークを除去するタイプで、一般的な電動歯ブラシとして広く使われています。ソニックタイプは、高速振動によりブラシが歯と歯ぐきを磨くタイプで、歯と歯ぐきの間の隙間まで磨くことが可能です。ウルトラソニックタイプは、超音波振動を利用して歯を磨くもので、歯や歯ぐきに負担がかかりにくいのが特徴です。それぞれの種類によって磨き方が異なるため、自分に合ったものを選びましょう。また、タイマー機能や圧力センサー機能など、便利な機能が搭載された製品もあります。タイマー機能は、適切な磨き時間を守るために役立ちます。圧力センサー機能は、歯ぐきにかかる圧力を感知し、磨きすぎを防ぐために役立ちます。

重さとサイズ

持ち運びが楽な軽量でコンパクトな電動歯ブラシが旅行には向いています。飛行機での持ち込みに制限があるため、サイズにも注意して選ぶことが大切です。また、持ちやすい形状や滑りにくい素材を選ぶことも重要です。持ち運び用のケースが付属している製品もありますが、別途購入することもできます。電動歯ブラシの重さは、長時間の使用にも疲れにくくするために重要なポイントです。一般的には、100g~200g程度のものが軽量で使いやすいとされています。

電源

旅行中に充電が必要になる場合、USB充電対応の電動歯ブラシが便利です。USB充電対応の電動歯ブラシは、スマートフォンやタブレットの充電器を利用して充電できるため、海外旅行でも安心して使用できます。また、電池式の電動歯ブラシは、電池の持ちや交換のしやすさも重要なポイントです。充電式の電動歯ブラシは、充電時間や使用時間もチェックしておくと便利です。一部の製品には、充電スタンドが付属しているものもあります。

防水性能

電動歯ブラシは、水回りで使用することが多いため、防水性能が高いものを選ぶことが望ましいです。また、防水性能が高いと、手入れも簡単になります。電動歯ブラシの防水性能は、IP(Ingress Protection)コードで示されます。一般的には、IPX7以上の防水性能があるものが安心です。IPX7は、一定時間水中に沈めても内部に浸水しないことを意味しています。さらに、IPX8の防水性能がある電動歯ブラシは、より強力な防水性能を持っています。

価格

電動歯ブラシには、エントリーモデルから高機能なものまでさまざまな価格帯の製品があります。予算に合わせて選ぶことも大切ですが、機能や品質を考慮して選ぶことが重要です。安価な電動歯ブラシでも、基本的な機能が備わっていれば十分に効果を発揮できますが、高価な製品には、さらに便利な機能や独自の技術が搭載されていることが多いです。

ブラシヘッドの種類と交換可能性

ブラシの毛先をチェック

電動歯ブラシの効果は、ブラシヘッドの種類や状態にも影響されます。自分の歯や歯ぐきに合ったブラシヘッドが選べるかどうかや、交換が容易かどうかも重要なポイントです。ブラシヘッドには、一般的な円形タイプ、クロスアクションタイプ、ディープクリーンタイプなどがあり、それぞれ磨き方や効果が異なります。円形タイプは、歯の形状に沿って磨くことができ、歯と歯ぐきの隙間にもアプローチしやすいです。クロスアクションタイプは、異なる角度で配置されたブラシがプラークを効果的に除去します。ディープクリーンタイプは、より深い部分まで磨くことができるため、歯周ポケットなどのケアに適しています。

また、ブラシヘッドは、使用状況によって劣化が進むため、定期的に交換することが重要です。一般的には、3ヶ月ごとに交換することが推奨されています。電動歯ブラシを選ぶ際には、ブラシヘッドの交換が容易で、市販のブラシヘッドが使えるものを選ぶことが望ましいです。

おすすめ電動歯ブラシ10選|飛行機持ち込みOK!

ここでは、飛行機持ち込みOKのおすすめ電動歯ブラシ10選を紹介します。それぞれの商品について、歯科衛生士の目線で特徴やメリット、デメリットを解説していきます。

フィリップス ソニッケアー 9900 (Philips Sonicare 9900)

特徴
  • AI技術を活用した磨きクセ分析機能
  • 圧力センサー搭載で歯ぐきに優しい磨きをサポート
  • 4つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • スマホアプリと連動して磨き方の改善が可能
  • 旅行用ケースが充電器になる便利な設計
  • 連続使用時間:約2週間

フィリップス ソニッケアー 9900は、最新のAI技術を活用して磨きクセを分析し、最適な磨き方を提案してくれる電動歯ブラシです。圧力センサーが搭載されており、歯ぐきへの過度な圧力を感知して警告します。4つの磨きモードがあり、個々のニーズに対応できます。スマホアプリと連動し、磨き方の改善ができるので、歯科衛生士も推奨する効果的な歯磨きが実現できます。また、旅行用ケースが充電器になる便利な設計があります。連続使用時間は約2週間で、飛行機にも持ち込み可能です。

様々な機能を備えた事で幅広い場面で活用できる、価格相応の失敗しない電動歯ブラシで、迷ったらフィリップス ソニッケアー 9900がおすすめです。

パナソニック ドルツ EW-DP56 (Panasonic Doltz EW-DP56)

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥25,800 (2024/06/12 19:00:49時点 Amazon調べ-詳細)
特徴
  • ウォッシャブルで清潔に保てる
  • 舌クリーナー付きで口臭ケアも可能
  • 3つのモードで個別ケアが可能
  • 持ち運び用ケース付き
  • USB充電で海外利用も可能

パナソニックのドルツ EW-DP56は、ウォッシャブルなので、水洗いが可能で清潔に保てます。舌クリーナー付きで口臭ケアもでき、3つのモードが搭載されているため、個別のケアが可能です。持ち運び用ケースが付属しており、飛行機での持ち込みも可能です。また、替えブラシは他社よりも安く、本体と替えブラシを含めてコストパフォーマンスが高い人気製品です。

コストパフォーマンスが高い電動歯ブラシを求めている方は、間違いなくパナソニックのドルツ EW-DP56がおすすめです。

ブラウン オーラルB ジーニアスX(Oral-B Genius X)

特徴
  • AI技術を活用した磨きクセ分析機能
  • 圧力センサー搭載で歯ぐきに優しい磨きをサポート
  • 6つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • 旅行用ケースが充電器になる便利な設計
  • 連続使用時間:約14日間

オーラルBのジーニアスXは、AI技術を活用して磨きクセを分析し、最適な磨き方を提案してくれます。圧力センサーが搭載されており、歯ぐきへの過度な圧力を感知して警告します。6つの磨きモードがあり、個々のニーズに対応できます。スマホアプリと連動し、磨き方の改善ができるので、歯科衛生士も推奨する効果的な歯磨きが実現できます。また、旅行用ケースが充電器になる便利な設計があります。連続使用時間は約14日間で、飛行機にも持ち込み可能です。

オーラルB iOシリーズ (Oral-B iO Series)

特徴
  • AI技術を活用した磨きクセ分析機能
  • 圧力センサー搭載で歯ぐきに優しい磨きをサポート
  • 複数の磨きモードで個別ニーズに対応
  • スマホアプリと連動して磨き方の改善が可能
  • 連続使用時間:約2週間

オーラルBのiOシリーズは、AI技術を活用して磨きクセを分析し、最適な磨き方を提案してくれる電動歯ブラシです。圧力センサーが搭載されており、歯ぐきへの過度な圧力を感知して警告します。複数の磨きモードがあり、個々のニーズに対応できます。スマホアプリと連動し、磨き方の改善ができるので、歯科衛生士も推奨する効果的な歯磨きが実現できます。連続使用時間は約2週間で、飛行機にも持ち込み可能です。

フィリップス ソニッケアー フレックスケアプラス (Philips Sonicare FlexCare Plus)

特徴
  • 音波振動で効果的な歯垢除去
  • 5つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • スマートタイマーとQuadPacerで適切な磨き時間と区分磨きをサポート
  • 旅行用ケース付き
  • 連続使用時間:約3週間

フィリップスのソニッケアー フレックスケアプラスは、音波振動で歯垢を効果的に除去する電動歯ブラシです。5つの磨きモードがあり、それぞれのケアニーズに対応できます。スマートタイマーとQuadPacerが搭載されており、適切な磨き時間と区分磨きをサポートします。旅行用ケースが付属しており、飛行機での持ち込みも可能です。連続使用時間は約3週間で、旅行に最適です。

オーラルB スマート5 5000 (Oral-B Smart 5 5000)

created by Rinker
ブラウン(Braun)
¥15,345 (2024/06/12 08:30:23時点 Amazon調べ-詳細)
特徴
  • オスカレーション&回転方式で効果的な歯垢除去
  • 5つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • 圧力センサー搭載で歯ぐきに優しい磨きをサポート
  • スマホアプリと連動して磨き方の改善が可能
  • 連続使用時間:約2週間

オーラルBのスマート5 5000は、オスカレーション&回転方式で歯垢を効果的に除去する電動歯ブラシです。5つの磨きモードがあり、それぞれのケアニーズに対応できます。圧力センサーが搭載されており、歯ぐきへの過度な圧力を感知して警告します。スマホアプリと連動し、磨き方の改善ができるので、歯科衛生士も推奨する効果的な歯磨きが実現できます。連続使用時間は約2週間で、飛行機にも持ち込み可能です。

パナソニック ドルツ EW-DT51-K (Panasonic Doltz EW-DT51-K)

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥35,640 (2024/06/12 08:30:23時点 Amazon調べ-詳細)
特徴
  • 音波振動で効果的な歯垢除去
  • 6つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • 磨きポイント切替お知らせで適切な磨き時間をサポート
  • 充電器兼旅行用ケース付き

パナソニックのドルツ EW-DT51は、音波振動で歯垢を効果的に除去する電動歯ブラシです。6つの磨きモードがあり、それぞれのケアニーズに対応できます。スマートタイマーが搭載されており、適切な磨き時間をサポートします。連続使用時間は約2週間で、充電器兼旅行用ケースが付属しています。旅行中も安心して使用できるため、飛行機での持ち込みも問題ありません。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 (Braun Oral-B PRO2000)

特徴
  • オスシロ・回転技術で効果的な歯垢除去
  • 2つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • 圧力センサーで歯ぐきに優しい磨きをサポート
  • 連続使用時間:約1週間
  • 旅行用ケース付き

ブラウン オーラルBのPRO2000は、オスシロ・回転技術を採用した電動歯ブラシで、歯垢の除去に効果的です。2つの磨きモードがあり、それぞれのケアニーズに対応できます。圧力センサーが搭載されており、歯ぐきに過度な圧力をかけず、優しい磨きが可能です。連続使用時間は約1週間で、別売りの旅行用ケースで、コンパクトに持ち運ぶことができます。

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン(Philips Sonicare Diamond Clean)

特徴
  • ダイヤモンド型ブラシで効果的な歯垢除去
  • 5つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • タイマー機能で適切な磨き時間をサポート
  • 旅行用ケースが充電器になる便利な設計
  • 連続使用時間:約2週間

フィリップスのソニッケアー ダイヤモンドクリーンは、ダイヤモンド型ブラシを採用した電動歯ブラシで、歯垢の除去に効果的です。5つの磨きモードがあり、それぞれのケアニーズに対応できます。タイマー機能で適切な磨き時間をサポートします。旅行用ケースが充電器になる便利な設計があります。連続使用時間は約2週間で、飛行機にも持ち込み可能です。

フィリップス ソニッケアー エキスパートクリーン (Philips Expert Clean)

特徴
  • 効果的な歯垢除去
  • 3つの磨きモードで個別ニーズに対応
  • 圧力センサー搭載で歯ぐきに優しい磨きをサポート
  • スマホアプリと連動して磨き方の改善が可能
  • 連続使用時間:約2週間

フィリップスのソニッケアー エキスパートクリーンは、歯垢の除去に効果的な電動歯ブラシです。3つの磨きモードがあり、それぞれのケアニーズに対応できます。圧力センサーが搭載されており、歯ぐきに過度な圧力をかけず、優しい磨きが可能です。スマホアプリと連動し、磨き方の改善ができます。連続使用時間は約2週間で、飛行機にも持ち込み可能です。

電動歯ブラシの正しい使い方と手入れ方法

電動歯ブラシを効果的に使用するためには、正しい使い方と手入れ方法が重要です。以下に、電動歯ブラシの使い方と手入れ方法について詳しく説明します。

正しい使い方

まず、歯ブラシの角度や圧力、磨く順序など、基本的な使用方法を押さえておくことが大切です。

歯ブラシの角度

 

歯ブラシを傾けて、ブラシの毛が歯と歯ぐきの境界に当たるようにしましょう。一般的には、歯ブラシを歯に対して45度の角度で当てると効果的です。

圧力

 

電動歯ブラシは、適切な圧力で磨くことが重要です。強すぎる圧力は歯や歯ぐきを傷つける原因になります。電動歯ブラシの場合、ブラシを軽く当てるだけで十分な効果が得られます。

磨く順序

磨く順序も大切です。まず、外側の歯面から磨き始め、次に内側の歯面、最後に咬み合わせ面を磨くことをおすすめします。それぞれの部分を約30秒ずつ磨くと、全体で2分の適切な磨き時間になります。

手入れ方法

電動歯ブラシは定期的にブラシヘッドを交換することで、清潔さと効果を維持することができます。また、電動歯ブラシ本体の手入れも忘れずに行いましょう。

ブラシヘッドの交換

ブラシヘッドは、通常3ヶ月ごとに交換することが推奨されます。ただし、使用状況や個人差によっては、もっと早く交換が必要な場合もあります。ブラシの毛が広がったり、劣化したりしたら交換時期です。

電動歯ブラシ本体の手入れ

電動歯ブラシ本体も定期的に拭いて、汚れを落としましょう。また、充電器周りも清潔に保ち、充電接続部分に汚れが溜まらないように注意してください。使用後は、電動歯ブラシのブラシヘッドを外し、水でしっかりと洗い、乾燥させることが重要です。こまめな手入れによって、電動歯ブラシの寿命を延ばすことができます。

歯ブラシの保管方法

電動歯ブラシの保管方法も大切です。歯ブラシを立てた状態で保管し、水切れが良い場所に置くことが望ましいです。湿気の多い場所や、カビや細菌が繁殖しやすい環境を避けましょう。また、家族間で歯ブラシが混ざらないように、それぞれの歯ブラシを別々に保管することが推奨されます。

旅行時の注意点

旅行先でも、電動歯ブラシの手入れを怠らないようにしましょう。持ち運び用のケースを使用して、衛生的に保管できるように心掛けましょう。また、充電器も忘れずに持って行くことが大切です。海外旅行の際には、電圧やプラグの変換に注意し、必要に応じて変換プラグを用意してください。

電動歯ブラシを適切に使用し、手入れを行うことで、効果的な歯磨きが実現できます。正しい使い方と手入れ方法を習慣化し、健康な歯と歯ぐきを保ちましょう。これらのポイントを押さえることで、電動歯ブラシが長持ちし、口腔ケアに役立ちます。

まとめ

旅行中も歯のケアをおろそかにしないために、飛行機持ち込みOKの電動歯ブラシを選ぶことが重要です。今回紹介した10選は、歯科衛生士が厳選したおすすめの電動歯ブラシです。それぞれの特徴やメリット、デメリットを参考に、自分のニーズに合った電動歯ブラシを選んでください。歯のケアを怠らず、旅行を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました